汗とサヨナラ!女性のための多汗症を改善する方法

多汗症とは?

多汗症改善

 

額から汗がダラダラ、
服もぴっとりと張り付き、
手汗もびっちょり。

 

汗って嫌ですよね?

 

 

ただ、汗をかくことは仕方のないこと。
人間であれば誰でも汗をかきますし、
汗をかくこと自体はおかしなことではありません。

 

 

しかし中には、人よりもたくさんの汗をかき、
必要以上に汗が溢れ出てきてしまう人もいます。

 

 

それが「多汗症」です。

 

多汗症とは?

 

多汗症は、交感神経が失調し、体温上昇とは関係なくエクリン腺より汗が過剰に放出される疾患である。頭部・手・脇に多く見られる。緊張や不安、気持ちの持ち方などの精神的な原因による発汗ではなく、身体機能の失調により引き起こされる病的な発汗を指す

 

Wikipedia「多汗症」より

 

多汗症と汗かきの違い

同じ多量の汗が出る症状としては、「汗かき」と呼ばれるものがありますね。
この「多汗症」と「汗かき」は、厳密には違うものです。

 

 

汗かきとは、状況に応じて汗を大量にかくことです。

 

夏になって気温が高くなると汗をかく。
運動をして体温が高くなると汗をかく。

 

これらは、体温調節をするために汗をかくという、
正常な身体的な機能です。

 

その度合が人と比べて高い、人よりもかく汗の量が多い、
そういう場合を汗かきといいます。

 

 

一方、多汗症の場合は、状況に関係なく多量の汗をかくことです。

 

夏だろうが冬だろうが暑かろうと寒かろうと関係ありません。
運動をしていないにも関わらず汗が噴き出してくる。

 

そういった症状が多汗症となります。

 

 

また、上記のwikiの説明にもあるように、
精神的な緊張や不安によって汗がでるのも多汗症ではありません。

 

人前に出て緊張すると汗が出ることがあると思いますが、
それは多汗症とは違うものになります。

 

 

多汗症というのは、精神的な疾患ではなく、
身体的な疾患により多量の発汗が見られる事を言います。

 

しかし、多汗症の原因は全てが解明されているわけではありません。
中には原因疾患がわからないにも関わらず、多量の汗に悩まされている人もいるそうです。

 

また精神的な疾患とは関係ないとされながらも、
精神的なものが銃爪になることも多く、
明確に線引きがしにくい側面もあります。

 

 


多汗症の種類

多汗症の種類は、大きく分けて二つに分けることができます。
「全身性多汗症」と「局所性多汗症(限局性多汗症)」です。

 

 

全身性多汗症とは、体の全身からの発汗が見られる症状です。

 

局所性多汗症(限局性多汗症)とは、手や腋や足など体の特定の部位に
発汗が見られる症状のことを言います。

 

 

局所性多汗症(限局性多汗症)

多汗症でも特に多いのが、特定の部位に集中して汗をかく局所性多汗症です。
その局所性多汗症にも、部位によって様々な種類があります。

 

手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)

手のひらに多量の汗をかくのが、この手掌多汗症になります。
多汗症治療の相談で病院に訪れる人で最も多いケースが、
この手掌多汗症のようです。

 

手掌多汗症は、その症状の度合によって、
レベル1〜3と3段階に分けられ、段階によって治療法が変わってきます。

 

足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)

こちらは足の裏、足底から多量の発汗が見られる症状の多汗症です。

 

腋窩多汗症(えきわたかんしょう)

脇の下から多量の発汗をする多汗症です。
部位的にニオイの成分を多く含む汗になるため、体臭の原因にもなります。

 

女性にとっては、最も気になるのがこれかもしれませんね。

 

頭部多汗症

頭部から多量の汗が出てくる症状の多汗症です。
額を通じ顔に落ちてくるので、汗の湿気で髪型が乱れたり、
顔に滴り落ちる汗で化粧が崩れてしまったりと、
女性にとっては厄介な多汗症です。

 

また、顔にまで汗が流れ落ちてくるのでひと目にもつきやすく、
目立ってしまうところも気になることだと思います。

自宅で出来る多汗症治療プログラム

自宅で多汗症を治す!もう汗とはサヨナラ!

久保田式多汗症改善プログラム

汗が酷くて悩んでる。ニオイが気になって仕方がない。でも、病院へ治療に行くのは嫌だ!

それならば自宅で自力で多汗症を治してみませんか?

今最も信頼され、最も利用されている自宅でできる多汗症を改善する方法が「久保田式多汗症改善プログラム」です。

久保田式多汗症改善プログラム