汗とサヨナラ!女性のための多汗症を改善する方法

多汗症の治療法

多汗症の治療法としては、
自宅で出来る範囲から専門の医療機関で行う治療まで
様々なものがあります。

 

また多汗症の部位や症状、重症度によっても治療法は変わってきます。

 

 

ここでは代表的な治療方法を紹介します。

精神・心理療法

精神的なストレスや過度の緊張により、
多量の発汗を引き起こすことがあります。
その場合、心理療法やカウンセリングで
精神の安定をもたらす治療を行います。

 

軽度の多汗症の場合、メンタル面の改善で
症状がよくなることもあります。

 

医学的な多汗症とまではいかなくとも、
多量な汗に悩んでいるという場合は、
まずはメンタルケアに取り組むといいかもしれません。

ボツリヌス療法(ボトックス)

ボツリヌス菌がつくるたんぱく質から精製された薬を注射し、
交感神経と汗腺の間の情報伝達を阻害することで
症状を改善させる方法です。

 

主に重度の腋窩多汗症の治療に用いられる事が多いです。
個人で行う治療法ではありませんので、医療機関で行なってもらいます。

 

多汗症の治療方法としてはポピュラーなものですね。

レーザー治療

マイクロ波レーザーを照射し、汗腺を破壊してしまう治療法です。

 

汗腺を破壊してしまうので、当然汗は出てこなくなりますし、
効果も半永久的に続きます。

 

ただ通常汗が出るはずの汗腺を破壊するので、
その影響は別のところに出てくる可能性はあります。

 

重度の多汗症に悩む方向けでしょう。

シェービング法

専用の機械を用いて汗腺を除去していく方法です。
短時間の施術で終わるのが大きなメリット。

 

完全に汗腺を取り除くわけではないのですが、
汗の量やニオイなどは軽減することができます。

 

軽度の多汗症の方に行うことが多いようです。

完全摘出手術

手術によって汗腺を完全に摘出してしまう方法です。
完全に摘出してしまうので、汗もニオイも心配はなくなります。

 

傷口も小さいもので済みますので、
手術跡が目立つということもないようです。

 

汗もニオイも完全に治したいという人向けですね。

食事・漢方療法

人間の体は食事で作られています。
当然体質も食事によって変わってきます。

 

軽度の多汗症や汗かき体質は、
食習慣を変えることで改善できることもあります。

 

身近などころからできる方法として、
食事や漢方による改善から取り組んでみるのも
いいかもしれません。

自宅で出来る多汗症治療プログラム

自宅で多汗症を治す!もう汗とはサヨナラ!

久保田式多汗症改善プログラム

汗が酷くて悩んでる。ニオイが気になって仕方がない。でも、病院へ治療に行くのは嫌だ!

それならば自宅で自力で多汗症を治してみませんか?

今最も信頼され、最も利用されている自宅でできる多汗症を改善する方法が「久保田式多汗症改善プログラム」です。

久保田式多汗症改善プログラム